部活速報 | 鵬学園高等学校

部活速報

2018年08月06日

陸上競技部、麻生さんがインターハイの走高跳に出場し、記録1m60cmでした。

2年生の麻生さんが走高跳で1回目の跳躍1m60cmをクリアしましたが続く1m63cmは飛べず、残念ながら予選突破はなりませんでした。本人にとって次につながる貴重な経験であったと思います。今後の期待したいです。麻生さんお疲れさまでした。

2018年07月20日

なぎなた部、明石さんと鳥越さんが国体石川県代表になりました。

7月16日に行われた国体石川県代表決定戦で本校の明石と鳥越が石川県代表に選出されました。北信越大会で石川県が3位以上で本国体に進むことができます。

2018年07月19日

野球部、3回戦で金沢商業と対戦し、5-10で敗退しました。今大会はベスト16という結果に終わりました。応援ありがとうございました。

【結果】3回戦 鵬学園5-10金沢商業 ベスト8をかけてシードの金沢商業と対戦しました。2回に3点リードし、幸先の良いスタートを切ったかに思われましたが、ミスなどにより相手のペースになり次の回に逆転され、そのまま追いつくことができず負けました。

2018年07月17日

野球部、2回戦の輪島高校戦では10-0で勝利し、3回戦へ進出しました。

【結果】鵬学園10-0輪島高校 次戦は7月19日12:30に金沢商業との対戦となります。場所は金沢市民球場。

2018年07月17日

野球部、夏の大会1回戦で金沢泉丘高校と対戦し、9-3で勝利し、2回戦に進出しました。

【結果】1回戦 鵬学園9-3金沢泉丘 【短評】初回に点を取り合う荒れた立ち上がりとなったが、3回以降は先発の中島が落ち着いた投球で連打を許さなかった。一方、鵬打線はヒットこそ集中して出なかったもののチャンスでヒットが出るなどして着実に得点を重ね終始主導権を握る試合となった。

2018年06月18日

北信越大会の各部の結果を更新しました。

各部のページでご覧ください。

2018年06月15日

陸上競技部の麻生さんが北信越大会で走高跳3位となり、インターハイ出場を決めました。

麻生京花3位1m64cm、亀田9位1m58cmでした。

2018年06月15日

陸上競技部、北信越大会に出場した宮脇さんは走り幅跳びで7位でした。

宮脇愛果さんは北信越大会に走り幅跳びで出場し、7位という結果に終わりました。残念ながらインターハイ出場はできませんでした。

2018年06月05日

6月10日(日)に本校の吹奏楽部の第2回定期演奏会が開催されます。場所は七尾美術館、時間は14:00です。入場無料です。是非、本校の吹奏楽部の演奏をお聴きください。

第2回鵬学園吹奏楽部定期演奏会が開催されます。場所は七尾美術館、時間は14:00からです。聞くと懐かしい曲、有名なアニメ映画のメドレーなど内容盛りだくさんです。入場無料ですので多くの方のご来場をお待ちしております。

2018年06月04日

2018年度の総体の結果は男子バドミントン個人の福原君、なぎなた部では演技の部で高橋・鳥越ペアが、試合の部で江成さんがインターハイ出場を決めました。

インターハイ出場を決めた選手以外では男子バドミントン団体、女子バスケットボール部、陸上競技部、ソフトテニス部、体操部が北信越大会の出場を決めました。

2018年06月04日

6月2日・3日の各部の総体の結果を更新しました。

各部のページでご覧いただけます。

2018年06月01日

6月1日の各部の総体結果を更新しました。

各部のページでご覧ください。

2018年06月01日

5月31日総体の各部の結果を更新しました。

各部のページでご覧いただけます。

2018年06月01日

【総体速報】女子バスケットボール部、1回戦突破しました。

鵬学園97−57県立工業で勝利しました。

2018年06月01日

【総体速報】男子バドミントン部、準決勝進出しました。

鵬学園3−0金沢西で勝利しました。次戦は星稜高校と9時に行われます。

2018年06月01日

【総体速報】女子バドミントン部、ベスト8でした。

鵬学園1−3金沢二水で敗れました。ご声援ありがとうございました。

2018年06月01日

【総体速報】卓球部男子、団体1回戦で敗れました。

ご声援ありがとうございました。

2018年05月28日

【結果】サッカー部、2回戦でPK戦の末、敗退しました。

1回戦 鵬学園1-0松任、2回戦 鵬学園1-1金沢桜丘(PK2-4)でした。

2018年05月28日

【結果】陸上競技部、走り高跳び・200mで本校生徒が北信越大会出場を決めました。

(走り高跳び)亀田実咲1m66で2位、麻生京花1m61で3位でした。(200m)宮脇愛果が6位入賞でした。