新聞部 | 鵬学園高等学校

新聞部

「鵬学園新聞」を年5回発行し、学校の行事や各部の大会などを記録・伝達しています。取材・記事作成・レイアウト・印刷まで全てをこなしており、記事作成やレイアウトはパソコンを使用するのでパソコンにも強くなれます。これからも皆さんが思わず読んでしまう新聞作りを心がけていきます。

顧問:杉森章子

【日常記事⑪】2017.2.20(月)

 隠れた通学路』

 使用する生徒が限られるものの一つに、校舎北側にある「裏道」があげられる。部活で第二キャンパスへ行くときや、寮生の通学に使っている。しかし、裏道だから室外機が多く設置されており、時間によっては横からの風圧がとてもすごいことになる。冬の道はなかなか辛い。それでも時間短縮になるため、生徒からは重宝されている。実は、この道は夏になると蛍が見られる。昨年は少なかったが、一昨年は「乱舞」といっていいほど美しい光景が広がった。鵬の隠れた名所の一つでもある。

 

【日常記事⑬】2017.1.26(木)

『和の繊細さ』

 鵬学園の調理科は、3年間を通して様々な種類の料理を習うことが出来る。先日は、寿司講座が開講されたので、今回はそこに注目する。講座の内容は、細巻き、太巻き、手巻き、握りなど寿司の基本となるものだ。受講した生徒の感想は、「ネタの切り方が刺身と違ったり、シャリをふんわり握らなければならなかったりで難しかった」と、初めての体験で寿司の繊細さに驚かされていた。調理の基礎を学び、現場で即戦力になる人材を育てる、それが調理科だ。

 

【日常記事⑫】2016.12.20(火)

『3年間仲間と一緒に学ぶ場所』

 仲間と一緒にいる時間が多い場所が、自分達の教室である。 試験の時は、一緒に勉強や答え合わせをしたり、友達に相談や一緒にバカ騒ぎしたりと、仲間との出会いや思い出が詰まった場所である。今年も終わりに近づいている。3年生は教室で過ごせる時間もあと少しだ。卒業後、共に泣き笑いしたこの場所と仲間を、懐かしく思い出せるように残りの時間を過ごしてほしい。

 

横×2_01
横×2_02